HOME>注目記事>電話代行サービスの活用術【企業の成長を助けるサービス】

電話代行サービスの活用術【企業の成長を助けるサービス】

固定電話

電話代行サービスを活用するメリット

電話代行サービスを利用することで、事業主は電話応対のわずらわしさから解放されます。また、バッティングが許されない予約管理も一任することができるので、一日の業務の見通しが立てやすくなるメリットも生まれます。

電話代行とコールセンターの違い

インバウンド専用の電話代行

顧客からの予約を受け付ける専用回線というように、特化した業務だけを引き受けるのが一般的な電話代行です。

マルチに対応できるコールセンター

予約を受付するだけではなく、クレーム対応や問い合わせ対応といった幅広い対応を行うのがコールセンターです。

自社に合う業者を探すことが大事

費用面やオペレーターのクオリティなどもそうですが、自社が求める電話対応の中身によって依頼する業者が決まります。サービス内容や費用面などを加味しながら業者選定をしていきましょう。

電話代行業者選びで見ておきたい内容

固定電話

業者のサービス内容

秘書代行サービスやテレマーケティング、インバウンド専門というように代行業者によって得意なことや苦手なことがあります。その業者の専門性を確認しましょう

お試しサービスがあるか

代行業者のオペレーターの質如何で会社の収益が変わるといっても過言ではありません。お試しサービスによってオペレーターの質を見ましょう。

設備が整っているか

オペレーターが業務に携わっているか確認できるシステムが導入されているか否かも確認しましょう。入電数やビジー状態の時間なども確認できるとよいでしょう。

外国語対応が可能か

業種によっては、海外からの顧客や在日外国人からの問い合わせも考えられます。外国語対応が可能なオペレーターがいるかどうかの確認も大事です。

月額費用はどうか

企業としても、電話代行サービスを高額な費用で導入することで人件費ダウンを目指したいところ。月額費用はどうか確認しましょう。